飽くなき挑戦。

 

マツダが生まれた広島の風土。
戦後復興時の生産。

新しい技術へのチャレンジ。

今に続くマツダの志は「飽くなき挑戦」。

 

大阪マツダはこの志を持ってマツダと共に
これからも挑戦し続けます。

Heritage動画 ~マツダの飽くなき挑戦~

マツダの歩み(年表)

年代画像&コメント
1920年~123
1920年 東洋コルク工業㈱創立1921年 松田重次郎が社長就任1927年 東洋工業㈱に改称し、1928年 シンボルマーク(通称”丸工”)を商標登録
1930年~456
1931年 マツダ初の自動車、3輪トラック「マツダ号」を生産・発売1934年 「MAZDA」を商標登録1938年 GA型三輪トラック「グリーン・パネル」発表。ネーミングには「青春溌溂」「安全平和」の意味を込める。
1940年~789
1940年 小型四輪乗用車の試作完成③1949年 GB型三輪トラック発売。戦後からの復興へ。1949年 GB型三輪トラックの海外向けパンフレット(a pride of Hiroshima!の文字)
1950
年~
101112
1950年 1トン積みCT型三輪トラック発売1952年 2トン積みCTL1車、広島~東京ノンストップ走破キャラバン1959年 軽三輪トラック「K360」発表
1960
年~
131415
1960年 マツダ初の乗用車「R360クーペ」を発売1964年 日本初の完全自走方式を採用し、機関にリモートコントロール方式を採用したマツダ専用船「東洋丸」が就航1967年 初のロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」発売
1970
年~
161718
1972年 日本グランプリ・TS-B部門でサバンナRX-3・カペラのロータリー勢が上位3位を独占1975年 「コーポレートマーク」制定1978年 「サバンナRX-7」を発売
1980
年~
192021
1980年 「ファミリア」(5代目)を発売。「1980-1981日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞1986年 輸出累計1,000万台達成記念式典@広島港、欧州向けサバンナRX-7を輸出専用船クローバーエース号へ船積み1988年 ボンゴ電気自動車、米国NBC放送へ提供、マラソン競技取材用
1990
年~
222324
1991年 第59回ル・マン24時間レースでマツダ787Bが日本車史上初の総合優勝1993年 「ユーノスロードスター」ベースの高性能電気自動車を開発1997年 新ブランドシンボル制定
2000
年~
252627


2001年 東京モーターショーに「アテンザ」「RX-8」を出品、テーマは「Zoom-Zoom」2007年 ロータリーエンジン車発売40周年を迎える2008年 「マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」の国土交通大臣認定を取得
2000
年~
282930
2012年 「CX-5」(初代)発売。「SKYACTIV-TECHNOLOGY」「魂動デザイン」を全面採用。2012-2013年 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞2014年 4代目「ロードスター」を世界初公開。日本(舞浜アンフィシアター)・北米・欧州同時公開。2018年 「MAZDA3」を世界初公開 マツダ新世代商品の幕開け

現在のマツダ車はこれまでの歴史と
その「飽くなき挑戦」を体現したクルマ達です。

マツダの志を体現したマツダ車をぜひご体感ください。

 

 

Be a driver. 美しく走る。