全く新しいSUV MAZDA MX-30 今秋発売

マイルドハイブリッド”e-SKYACTIV G 2.0″搭載。

マツダの新世代第3弾「MAZDA MX-30」。

国内初投入の”マイルドハイブリッド e-SKYACTIV G 2.0”
を搭載して
2020年秋、新登場。

(2020年7月31日AUTOMOBILE COUNCILでプレス発表)

 

*EVモデルは今年度中にリース販売で導入予定。

*2019年東京モータショーでのワールドプレミア時に公開された欧州仕様の動画です。

   MX-30のネーミング   

マツダは従来から、車型にかかわらず、その時代ごとの自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造と提供に挑戦する車種を「MX」の名称で表してきました。
MX-30は、従来のMXシリーズと同様、お客さまに新たな価値を提供できる商品として開発。
「30」については、商品ラインアップ上の位置付けを表しています。

 

例)MX-5 (国内市場名:マツダ・ロードスター)

オープン2シーターは市場性がないという既成概念を打ち破り、世界中にライトウェイトオープン2シーターブームを再燃させた、エポックメイキングモデル。

~2019年東京モーターショーでのワールドプレミアの模様~

2019年10月23日、東京ビッグサイトにて行われた東京モーターショー2019 マツダプレスカンファレンス(記者発表会)の模様です。 当時、初の量産EV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」として世界初公開されました。 マツダ代表取締役社長 兼CEO丸本 明氏の挨拶、MX-30主査の竹内 都美子氏によるプレゼンテーションをご覧いただけます。

~2020 AUTOMOBILE COUNCIL マツダスタンドLive中継~

7月31日(金)~8月2日(日)に開催された「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル)」にて、AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会共同代表の加藤哲也氏とマツダデザイン担当役員の前田育男氏が、マツダスタンドをYouTube中継でご案内しました。
下記はその模様を動画としてUPしたものです。

KODO DESIGN

人とクルマの関係が、時代の変化と共に変わりゆく現代。クルマと過ごす日々の楽しさを、MX-30を通して表現するべく、「Human Modern」のコンセプトを掲げました。これまでと変わらぬ人の手が生み出す美しい形とこだわりのつくり込みを基礎としながら、新たなライフスタイルに寄り添った表現の方向性を模索しました。今までのない表現のアプローチにより「魂動」の拡がりを体現した、独自のデザインを完成させました。

MX-30 DESIGN Film

GALLERY