マツダの先進安全技術 i-ACTIVSENSEで安心安全を。

乗用車は全車種サポカーSワイドに該当。軽自動車、商用車にも安全技術拡大中。

小さなクルマでも安全性能に差をつけない。

 

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。 それが、マツダの安全思想です。
この考えに基づき開発したのが「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術群。

 

さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

マツダは、国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術の他、
クルマの大きさに捉われず、先進安全技術をコンパクトカーからハイエンドモデルまでの全グレードに標準装備。

i-ACTIVSENSE設定車

MAZDA 2

コンパクト

MAZDA 3

FASTBACK/SEDAN

MAZDA 6

SEDAN/WAGON

MAZDA CX-3

SUV

MAZDA CX-30

SUV

MAZDA CX-5

SUV

MAZDA CX-8

3列シートSUV

ROADSTER

スポーツ

ROADSTER RF

スポーツ

装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。

走行時の安全をサポート

 
走行中の衝突回避のサポート、衝突時の被害軽減を図る

 

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスとSCBS)※1※2

*サポカーSワイド

*全グレード標準装備

 
ペダルの踏み間違いによる急発進を抑制する

 

AT誤発進抑制制御[前進時]※1※3

*サポカーSワイド

*全グレード標準装備

 
後退時に車や障害物を検知して衝突時の被害軽減を図る

 

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS R)※1※4

*全グレード標準装備

 
ペダルの踏み間違いによる急後退を抑制する

 

AT誤発進抑制制御[後退時]※1※3

*全グレード標準装備

 
衝突の危険を察知し、衝突時の被害の軽減を図る

 

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)※1※3

 
後退時に左右に接近した車を検知して、衝突時の被害軽減を図る

 

スマート・ブレーキ・サポート[後退時左右接近物](SBS-RC)※1※6

装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。

※1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

※2 対象物(特殊な外観をした車両、部分的に見えている、隠れている、もしくは背景に溶け込んでいる車両と歩行者など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが連続する道路など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

※3 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

※4 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

※5 対象物(レーダー波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

※6 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や接近車両の状況などの条件によっては適切に作動しない場合があります。

その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

発進・後退時の安全をサポート

 
後退時に接近車両を感知しドライバーの安全確認をサポートする

 

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)※1※2

*全グレード標準装備

 
目視では直接確認しづらいエリアの安全確認をサポートする

 

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)※1※2※3※4

 
後方の障害物を検知し警告音で注意を促す

 

リアパーキングセンサー

:装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
※1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
※2 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や駐車車両の状態などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※3 カメラが映し出す範囲やセンサーの検出範囲は限られています。また夜間や暗い場所など、使用状況により画質が低下する場合があります。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります。安全のため、モニターの映像を過信せず目視による安全確認を行いながら運転してください。
※4 字光式ナンバープレートとの同時装着はできません。車速約15km/hを越えると画面が消える設定としています。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

夜間の安全運転をサポート

 
ヘッドランプの照射範囲や明るさを自動的に変化させて、夜でも見やすい前方視界をつくる

 

【先進ライト】アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)※1※2

 
ハイビーム・ロービームを自動的に切替えて夜でも見やすい前方視界をつくる

 

【先進ライト】ハイビーム・コントロール・システム(HBC)※1※2

 
夜間、カーブの走行時に進行方向の視界を確保する

 

アダプティブ・フロントライティング・システム※1※4

:装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
※1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
※2 周囲に光源があるとき(街灯・信号機など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い・起伏が激しいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。システムを過信せず、つねに周囲の状況に注意して、必要に応じて上向き(ハイビーム)と下向き(ロービーム)を切り替えるなど安全運転を心がけてください。
※3 道路状況(急カーブ、急な坂道など)、天候状況(雨・雪・霧など)、障害物の形状(低い・小さい・細いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※4 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

ドライバーに危険認知を促進

 
車線のはみ出しを感知しドライバーに注意を促す

 

車線逸脱警報システム(LDWS)※1※2

 
車線に沿った安全走行をアシストする

 

レーン・キープ・アシスト・システム(LAS)※1※2

 
隣車線側方および後方から接近する車両を検知し危険回避を促す

 

ブラインド・スポット・モニタリング※1※3

 
左右前方の死角から接近する車両を検知し注意を促す

 

前側方接近車両検知(FCTA)※1※4

:装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
※1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
※2 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※3 天候状況(雨・雪など)、接近車両の状況(自車に接近してこない、速度差がなく長時間並走しているなど)、道路状況(道路幅が極端に広い・狭いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※4 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や接近車両の状況などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

走行時の運転負担を軽減

 
長距離走行時などのドライバーの負担を軽減する

 

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)※1※2

 
交通標識の見落としを防ぐ

 

交通標識認識システム(TSR)※1※3

 
ドライバーとクルマの状態をモニターし適度な休憩を促す

 

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)※1※3

 
ドライバーの疲労や眠気を検知し、休憩を促す

 

ドライバー・モニタリング ※1※4

 
追従走行とステアリングアシストで渋滞時の運転疲労軽減をサポートする

 

クルージング&トラフィック・サポート(CTS)※1※2

 
昼間の走行時の被視認性を高める

 

デイタイム・ランニング・ライト(DRL)

:装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
※1 ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
※2 天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(急カーブ・車線幅が極端に広い/狭い・車線の白線(黄線)が見えにくいなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※3 天候状況(雨・雪など)、接近車両の状況(自車に接近してこない、速度差がなく長時間並走しているなど)、道路状況(道路幅が極端に広い・狭いなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
※4 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や接近車両の状況などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。

 

 

先進安全技術はあくまでも安全運転の支援であり、機能には限界があります。

搭載されている先進安全技術は、交通事故の防止や被害の軽減に役立ちますが、機能には限界があります。路面や気象条件によっては作動しない場合もありますので、機能を過信せず、引き続きドライバーの皆様が常に安全運転に心がけていただくようお願いいたします。