CX-5受賞歴

MAZDA CX-5がこの度、2019年上半期クリーンディーゼル搭載SUV販売台数No.1になりました。
このページでは過去のCX-5の受賞歴も踏まえ、CX-5の魅力をお伝えします。

2019年上半期クリーンディーゼル搭載SUV販売台数ナンバーワン。

2019年1月~6月の国内販売において、MAZDA CX-5がクリーンディーゼルSUV販売台数ナンバーワンになりました(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会調べ)。
CX-5は2011年の初代DEBUTから、多くの皆様にお選び頂いています。

「上期ナンバーワン」テレビCMも更新されています。

この他にもCX-5は多くの賞や高評価を頂いています。まずは現行の2代目CX-5からご紹介。

初代も日本カー・オブ・ザ・イヤーなど多くの賞賛を頂きました。

2011年に魂動デザインと”フル”SKYACTIVE TECHNOLOGYを搭載して発表された初代CX-5は「2012年日本カー・オブ・ザ・イヤー」をはじめ、多くの絶賛を頂きました。

初代は2リッターガソリン車(SKYACTIV-G2.0)と2.2リッタークリーンディーゼル車(SKYACTIV-D2.2)でスタートしたエンジンは、現在4種類までラインナップを拡げています。

●SKYACTIV-G 2.0(自然吸気ガソリン)

●SKYACTIV-G 2.5(自然吸気ガソリン)

●SKYACTIV-G 2.5T(ガソリンターボ)

●SKYACTIV-D 2.2(クリーンディーゼル)

 

選択肢の広がったCX-5をぜひカーライフパートナーとしてお選びください。